ゲームコラム・レポート

『ゲーコラ』と呼んでください。任天堂ファンが色んなゲームの話題に首を突っ込むブログです。

【デモンエクスマキナ】体験版から更に改良!アーマードコアを超えられるか【Nintendo Switch】

スポンサーリンク

 

「真のアーマードコア」と期待されている【デモンエクスマキナ】。

アーマードコアを手掛けたスタッフによるメカアクションであり、グラフィックがトゥーン調であることから”鉄くささ”は物足りないという意見もありますが、ファンからは概ね期待が高いようです。

 

そんなデモンエクスマキナが、なんと発売前にアップデート!

体験版のプレイヤーから寄せられた意見をもとに、いくつもの改良がなされたようです。

気になったものをいくつかまとめてみます。

注視点ロックが可能に

専定の装備をすることで、敵を自動追尾するロックオンが可能になるようです。

アーマードコアを含めて元々操作が難しいゲームであったので、メカアクションの敷居を下げてくれる最高の改良点です!

アイテムを空中で奪取可能に

空中からアイテムを取れるようになったので、テンポが大幅に改善されています。

地味に取得の際のウィンドウが大きくなっているのも良い感じ。

リロードのテンポを改善

リロードの際に攻撃ボタンを押し続けていれば、リロード完了後に自動で射撃が開始されるように。

アーマードコア(NX、LR)もそうだったし、操作の煩わしさが排除されてて良いと思います。

空中での初速が改善、近接武器の硬直を緩和

どちらもゲームスピードの改善に繋がるポイントですね。

操作がヘタなのもあると思いますが、体験版はモッサリした感じがあったので嬉しいです。

レーダー、小型の敵の視認性向上

こちらも体験版の不満点だったので、良い改良だと思います。

最後の一体が見つけられない!ということがなくなりそうです。

その他色々

この他にも倍くらいの改善した点がありました。

改良した体験版を再度配布するとどこかで見た気がするので、更にそれを踏まえた意見もフィードバックしてくれることでしょう。

メカアクションやロボットに興味がない人にも、手に取ってもらえるといいなぁ。

誠実なゲーム作りが伝わってくる

今回の発売前アップデートで分かったことは、デモンエクスマキナの製作陣は『ちゃんとしたゲームを作って売り出そうとしている』ということです。

グラフィックだけ凝って、実情はバグだらけのゲームなんていっぱいありますからね。

「絶対に良作に仕上げてやるぞ!」という気概が伝わってくるのは、ゲームファンとして嬉しいです。

 

そんなデモンエクスマキナの発売日は9/13。定価は7,800円+税です。

あれだ、9月に発売日固まりすぎなんだよなあ。

 

コトブキヤ ゼノブレイドクロス フォーミュラ 1/48スケール プラモデル

コトブキヤ ゼノブレイドクロス フォーミュラ 1/48スケール プラモデル