ゲームコラム・レポート

『ゲーコラ』と呼んでください。任天堂ファンが色んなゲームの話題に首を突っ込むブログです。

【聖剣伝説4】シリーズを破壊したこの作品は本当にクソゲーなのか

スポンサーリンク

f:id:asamushi:20190623150710j:plain

 

聖剣伝説シリーズを崩壊させた原因と言われ続けている【聖剣伝説4】。

2006年にPS2で発売された本作は、従来の「アクションRPG」というジャンルから「アクションアドベンチャー」という、ファンに望まれていない形で世に出ることになりました。

発売から現在に至るまでクソゲークソゲーと騒がれており、当時購入を見送った私ですらその評価を一切疑わずにおりました。

聖剣伝説4がクソゲーと言われる理由

批判内容を具体的に挙げていくと、本作はステージ攻略型の3Dアクションゲームであり、レベルが毎ステージごとにリセットされることが挙げられます。

また、アクション要素も「敵に石や丸太をぶつけて混乱させて殴る」というものであり、本作よりも前に出た『キングダムハーツ』に比べてもかなりちゃっちいものになっています。

f:id:asamushi:20190623160422j:plain

イジメかな?

他にも、

・ロックオンが近くの敵より画面中央の敵を優先(壁の向こうであってもロックオン)

・キャラが画面に近く、カメラが動きまくるので画面酔いしやすい

・迷子になりやすいステージと現在地が分からなくなるマップ

・ストーリーの構成が稚拙な上に、電波なキャラと物語

・ムービーや紙芝居がメインで伝わりづらいシナリオ

というものが不満点としてよく挙げられます。

本当に聖剣4はクソゲーだったのか

プレイヤーの誰もがクソゲークソゲーと憤るレベルの作品だった【聖剣伝説4】ですが、ふと「果たして聖剣伝説4はクソゲーだったのか?」という疑問が浮かびました。

確かに聖剣伝説シリーズとしてガッカリな物語とゲーム性だったことは否めないのでしょうけど、後にニンテンドーDSで出た『チルドレンオブマナ』や『ヒーローズオブマナ』も微妙な作品でしたし、聖剣伝説4だけ過剰に叩かれているような気がしたのですよね。(当時それだけ期待値が高かったのでしょうが)

パッケージイラストやゲームのグラフィックなども魅力的な感じですし、「言うほどでもないんじゃね?」と思ったりしています。

f:id:asamushi:20190623160738j:plain

パッケージとかの雰囲気は良いのに

自分の目で確かめる

youtu.be

というわけで、発売から13年が経過した今、聖剣伝説4の実況動画やプレイ動画を漁ってみようと思います。

ゲーム自体が安い(中古で100円とか)ので買ってもいいんですけど、家にPS2もプレイする時間もないのです…

 

まぁ、当時もフルプライスで買う価値はないゲームだったのかもしれませんが、昨今のガッカリゲームが賛否両論程度で扱われているのに対して、聖剣伝説4だけが空前絶後のクソゲームとして扱われる理由が知りたいと思ったんですよね。

未だに好きな作品だと言う人も中にはいますからね。ガッカリゲーだろうと、必要以上に貶めるのはよくないです。

 

安心して見れそうな実況動画

www.youtube.com

 

凄そうなリアルタイムアタック動画

www.youtube.com

とりあえずこのあたりから攻めてみます。

そのうちに感想を書きますね!

 

黒歴史扱いされてるのはしょうがないにしても、Nintendo Switchの聖剣伝説コレクションの中に【聖剣伝説4】も入れてくれてもよかったのに。

 

聖剣伝説コレクション - Switch

聖剣伝説コレクション - Switch

 
【PS4】聖剣伝説2 シークレット オブ マナ

【PS4】聖剣伝説2 シークレット オブ マナ